続き サブバッテリー 電圧計② クレア 5.3X 快適化

サブバッテリ計の、運転席から見やすい場所への設置。
前回は、概要説明だけだったので、簡単ですが作業をかきます。

サブバッテリの、メインスイッチ電源の切り忘れ防止の為に、運転席から電圧とスイッチ状況を確認する為に、電圧計を買いました。

設置場所は、コードの長さが1.5mしかなかったので、助手席の後方に設置する事にしました。
画像


テレビ裏、写真の左奥にシガーソケットがある為、そこから配線を引いて来て、少しだけ内貼りの裏を通せば、目立たずに設置できそうです。

画像


この部分は、内貼りを止めているビスを外すと簡単に内貼りを取る事ができます。
はずすと、裏の配線などがまとまっている所や、トラック運転席の後部を切り取った部分などが見れます。
画像


この開いたスペースに配線を通して、上部に流し、内貼りの隙間からまた車内に戻そうと思うのですが、1箇所だけ配線を裏に通す穴を明かる必要があります。 説明しにくいですが、開けた部分の左上方に木の化粧板がついているので、その下側をシガーソケットから配線を通してきます。その後、内貼りを張り付けているいた部分に穴をあけて配線を通します。 ドリルで配線が通る大きさの穴をグリグリと開けて終わりです。内貼りをまた戻すと穴は見えないので、綺麗さは求めなくても大丈夫!
画像


後は、配線を通して内貼りを戻します。その後、上部の内貼り部分から、電圧計を出して、上部の内貼りをつけたら完了です。取付は、付属の留め具を使ってみた物の、止まりが悪いので、両面テープを適当に張ってはりつけて完了しました。
画像

画像


サブバッテリー電源切っている時
電圧が表示されず、バックライトも点灯しません。
画像

サブバッテリー電源が入っている場合
画像


画像


最後に、配線を↓で固定して出来るだけ見えなくして、終了。
画像


と、これで電圧を確認できるだけでなく、運転席から切り忘れを確認できる様になり、少し安心感アップ!
取付は20分程度で、簡単に出来ました。

"続き サブバッテリー 電圧計② クレア 5.3X 快適化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント