カムロード ワイパーブレード交換 キャンピングカー クレア5.3X

一気に気温が下がって来て、冬が足音を感じますね。
早速、GoTo トラベルを活用して、冬のスキー宿を予約してしまいました。

感染者が急増せずに、無事に行けるといいのですが。。

さて、先日車検に向けてオイル交換をお願いした際に、メカさんが見つけてくれた
ワイパーブレードの劣化・・・。
そういえば、4年ほど交換をしておらずでしたが、最近雨の中を走っていなかったので全然気がつきませんでした。
IMG_7020.JPG
ブレードのゴム部分が、端っこから数cm切れて初めておりました。
試しに、動かしたら更に切れている部分が更に長くなってしまいました。

推奨はゴムは1年毎の交換とありますが、まあ使用頻度や環境に大きく左右されるので、状態を見ながら交換するのでよいと勝手に思ってますが、都度見るのを忘れてたので、車検ごと程度には交換しておいたほうがいいなと反省。

ブレード毎交換か、ゴムのみ交換かは個人の好みにもよると思いますが、ゴムの交換は簡単なので、錆びや作動に引っかかりや、アームの歪みなどがなければ、ゴムのみ交換で十分かと。

ディーラーでそのまま聞いた所、工賃込みで2300円程度。
試しに、部品代は??と確認すると、1760円!!その差は、500円。
前にもやった事があり、慣れると5分もあれば完了するので、自給6000円の価値!?

という事で、部品のみ購入して自分で作業しました。
更に、ネットで購入すれば安く上げられるのですが、今回は時間的なものもありその場で購入。

動画のほうがわかりやすいので、今度作ろうかと思いますが、写真にて

ブレード自体は、ボディからのアーム付け根の裏側、にロックがあるのでそこを押しながら横にスライドさせると外れます。
IMG_7022.JPG
ゴムのはずし方は、ブレードに取り付け金具が入っている溝の、左右どちらかに出っ張りがありそこがストッパーの役目になっています。
出っ張りがある方のブレードに、シールなどを貼って目印をつけておくと、はめる際に間違えずにすみます。

次に、溝の出っ張り部分を、カッターで削ったり、力をいれて金具を溝からはずすと、その後はスーッとゴムが抜けて生きます。
言葉で説明が下手ですいません、、、。

実際やってみると、すぐにわかると思います。

外したゴムに、形を整えるプレートが2枚入っているので、それを外して新しいゴムに取り付けます。

ゴムには、左右で違いがあります。これを間違えると、再度付け直すことになるので、要注意!
溝のでっぱりがある方を確実に、先ほどと同じ方につけてください。
IMG_7025.JPGIMG_7024.JPGIMG_7023.JPG
はめる際は、溝のでっぱりがある方を、ブレードの印を付けた反対側からはめて滑らせて行くとうまくいきます。
最後、溝のでっぱり部分に金具の一番はしをはめると完了です。
このとき、ぷちっという感覚がするので、すぐにわかります。

もし、ブレードよりもゴムがはみ出していたら、最後はまっていないという事なので、確認してみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント