イギリス レンタル キャンピングカー & ロンドン回り一周 Bluebellsの旅

昨年行った、イギリス旅行の際の備忘録。
画像


当日は、ヒースロー空港近くの、Holiday INN内にある green motionという所で借りましたが、
画像

空港近辺含めて様々なレンタルキャンピングカー屋さんがあるので、検索してみるとニーズに合ったものが出てきます。

注意は、大型の物になるとライセンス(運転免許)の大型免許が必要になる場合もあるので、良く読む必要があります。

日本で普通免許を持っている人は、海外で運転する際に使える国際免許を取得する必要があります。
これは、普通免許を持っていれば、免許センターで申請するだけで簡単に取得することが出来ます。
ただ、注意点としては、パスポートまたは航空券の控えなどが必要であり、更に1年間以上の有効期限が必要になってくるので、少し早めに準備しておくといいかと思います。

普通免許で取得できるのは、
「乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500kg(7,700ポンド)をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。」という制限があります。

更に、イギリスは予約の際の自動車保険などについて、色々と決まりがあるようで、予約の前に国際免許のPDFを送ったり、海外での運転経験など事細かく聞かれるので準備しておくと楽に通過できます。
色々と予約までに時間が掛かるので、早めに準備することが肝心ですた。

さて、今回は違うレンタカー屋で借りましたが、

■Leisure Rentals さん 
https://www.leisurerentalsdirect.com/leisure-vehicle-search/all

ここは、個人で所有しているレンタカーを借りる事が出来る、マッチングサイトの様なところで、上手く土地と期間があえば、手ごろな値段で借りる事が出来ます。
※レンタカー屋で借りると、返却時の清掃費用が高額だったりするので、よく文章を読む必要があります。


他には、
■spaceships
https://book.spaceshipsrentals.co.uk

■motorhome republic
https://www.motorhomerepublic.com/search/623464|623464|20190719|20190723|JP|30|Z|en|JP|43607/expired?

■motorhome choice
https://motorhomechoice.com

■campanda
https://www.campanda.com

■更にこちらは、キャンピングカーレンタル会社なのですが、

https://www.unbeatablehire.com/

その事業の仕方がおもしり↓
https://www.unbeatableinvest.co.uk

個人から出資を募って、そのお金でレンタカーを用意してリターンを出資者に返金するシステム。
出資者は年に決められた額、ディスカウントしてもらえる権利があったりと、見方によっては日本の不動産投資よりも自分も楽しめる投資。
日本からだと為替リスクも、ブレグジットがらみで大きいので、投資には時期違いかと思いますが、ヒントになります。
イギリスに住んでいたら、飛びついていた気がします。

後、イギリスでキャンピングカーで宿泊するところですが、↓こちらのサイトで、キャンプ場が簡単に探す事が出来ます。
https://www.pitchup.com

実際に泊まったのは、ここには出ていませんでしたが、広々とした芝生の広場にCAMPING SITEの看板があり、会員でなければ泊まれないと言われましたが、粘り腰で 10ユーロで泊めてくれました。
皆さん、お隣さんとはかなり離れており、思い思いの楽しい時間を過ごしてるようでした。

画像

画像

画像


事前にキャンプ場等、予約していると安心してまわれますね。


昨年、ロンドン周りをぐるっと一周、目的は親が見たいという bluebellという花を探しに。
bluebellは、bellの様な花が綺麗に垂れ下がっている花で、ツルボ亜科のヒアシントイデス属に属する、春咲きの球根性多年草。
その年の気候にもよりますが、5月初めから末までの間に咲く花で、森の中などに地面一面広がっている写真などは圧巻ですが、少し時期がずれていましたが、それなりに綺麗でした。
画像


■南部にある
 HOLE PARK GARDENS とても手入れされていて、bluebell以外にも庭園を楽しむことが出来ます。ここが母が1番行きたかった場所。
時期はすぎていましたが、森の中に一面bluebellがあり、ベンチに座って幻想的な風景を楽しむ事が出来ました。

https://www.holepark.com

0477C69B-B265-4B27-8BB9-DCCCFC458581.jpeg
6559A2A0-8A46-456F-B3F4-30A74343DE18.jpeg


■ロンドン北部になりますが、
National trust. Ashridge estate
こちらは、自然のままの森が残されており、遊歩道を散歩しながら広大な敷地を楽しむことが出来ます。

https://www.nationaltrust.org.uk/ashridge-estate

また、公園入口の道の、東側の公園端を通る道沿いには、道路を挟んだ両側に遊歩道が整備されている森があり、ここでも沢山咲き乱れていました。

画像

画像


http://www.gps-routes.co.uk/routes/home.nsf/openmap?openform&route=dockey-wood-walking-route

http://www.gps-routes.co.uk/routes/home.nsf/RoutesLinksWalks/dockey-wood-walking-route#


■最後に訪れた、ノーサンプトン近くにある、とてものどかな庭園で、広くはないもののアヒルが歩いてたりと、生活に根付いた感じがする庭園。
http://www.cotonmanor.co.uk
AA06A04C-ECAA-4F95-B3D6-B78D4E5D97CA.jpeg
210F767B-CBB4-4492-86A2-CA8A44F5ADF2.jpeg

やはり、庭園の国、イギリスはあちこちに綺麗な庭園が整備されており、沢山の方々がゆったりと時間を過ごしていました。

また、場所などおいおい追記していきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック