赤穂海浜公園で、テニスや塩作りなど 遊び場たくさん 兵庫

週末に訪れた、兵庫県にある赤穂海浜公園。
画像

名前の通り、赤穂の海岸沿いにある、広い公園なのですが、遊園地や遊具あり、広場ありと子供連れには丸一日遊べる楽しい場所!

今回は、キャンプの前後に公園で色々と遊べて、充実した週末でした。

テレビで錦織や大坂なおみの試合を観て、子供たちも興味を持ち始めたテニス。
特に習ってるわけではないですが、公園などでたまに遊んでいるのですが、せっかくなのでコートでテニス気分を味わう事に!

テニスコートは16面もあり、利用料は500円。
画像

でも、中学生以下の子供も一緒にやるとなると、なんと半額の250円に!!
格安料金だったので、土曜日キャンプ前と日曜キャンプ後に、子供特訓をしてしまいました。

テニスの後は、塩づくり
大昔から、瀬戸内海の海水を利用して、塩づくりで発展した赤穂。
特に、NHK連続ドラマのまんぷくでも最近塩業を営んでいる事で、話題になっていますが、まさにこの赤穂はまんぺいさんが塩づくりを学びに来た地。そして、実際のロケも行われたようで、撮影の様子など写真が展示してありました。

公園内にある、塩の国&海洋科学館。
http://www.ako-kaiyo.jp

実際に、公園内には塩を作る施設が再現されており、実際に塩づくりも行われています。
画像

画像

塩田の仕組み、なぜ土の上に海水を巻いて、塩の結晶だけをどう取り出すのかなー?と今まで疑問に思っていましたが、その塩を海水で溶かして土と分離させ、塩分濃度を上げて、最後に焚いて水分を飛ばすというのを、理解できました。

また、海洋科学館では入場料を払えば、無料で塩作り体験ができ、そこでは
画像

海水を天日で塩にするには、天候の問題で無理がある。
海水を加熱して水分を飛ばすには、エネルギーが相当いる。
その間をとって、濃度を18%まで上げてから、加熱して水分を飛ばすという過去の人の知恵で出来た製法を、体験することが出来ます。

実際に、濃くした海水を土鍋でぐつぐつ煮ると、15分程度でちゃんとした塩ができて、持って帰る事が出来ます。
画像

子供達も、塩作るのってこんなに大変なんだと驚きつつも、大切に使わないとダメなんだと、いい勉強になりました。

その後は、海沿いにあるアスレチックや、大型遊具(難破船)で走り回って 日没にて終了ー。

他にも、遊園地やボートなどもあり、一日いても十分楽しめる素敵な公園。
画像


お昼ご飯は、海浜公園から徒歩10分程度にある
ミスターバーグ 赤穂店
画像

http://www.mr-b.jp/index.html

で、運動後のエネルギー補給。
ここは、がっつりと肉を食べる事ができ、値段も手ごろできるので、地元の人々もたくさん来ている美味しいお店。
画像


そして、晩御飯は今回初めて寄った、駅前にある
あこう蕎麦 衣笠 さんへ
https://tabelog.com/hyogo/A2805/A280502/28011941/

画像

この蕎麦屋さんが大当たり!!!
普通のお蕎麦だけでなく、色々な定食メニューもありますが、どれも美味。
アナゴ天婦羅蕎麦ですが、このアナゴの大きさにはびっくり。中もホクホク。
画像

なべ焼きうどんも、出汁が美味しく寒い冬には、うってつけ!!
画像

今度も行きたいお店にノミネート。色々と美味しい店があると、どこに行くか悩んでしまいますね。

少し、この炉端焼きも気になったpのですが、子供連れでは楽しめなさそうなので、断念。。。
ろばた焼き 山海さん
https://tabelog.com/hyogo/A2805/A280502/28022178/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック