黒部ダム 長野側からアクセス から、青木湖キャンプ場へ

北陸&信州 5日目

信州の夏でも涼しい気候は、大阪から来ると寒いと感じるほどの日々。ありがたい限りです。

前日、戸隠にいってから大町近辺の道の駅で、仮眠をとっていざ目的地の黒部ダムへ!
http://www.kurobe-dam.com
黒部ダムは、長野川からアクセスすると、扇沢駅までいって、そこからトロリーバスにてダムに向かいます。

ダムへ向かうトロリーバスは時間が決まっており、いい時間帯は非常に混んでいて並ぶという事だったので、朝一で起きて大町アルペンルートを通っていざ駅へ。
今日も非力なカムロードは山の登りでは、うなりながらなんとか登ることが出来ました。
まあ、長旅なので荷物が多く重たいというにがあるのですが、何回か横に避けて後続車に先に行ってもらいました。

さて、問題の駐車場。
トロリーバス乗り場前には、かなりの数が停めれる駐車場がありますが、、、まさかのキャンピングカー不可。。。
受付のおじさんにきくと、100m程度下の舗装されていない駐車場へ、入れてくれとのこと。
なんだか寂しいなーと思いつつ向かったのですが、そこはなんと無料。上の駅前が12時間1000円なのに、ここは少し歩くだけで無料となり、逆に徳をしてしまいました。

ただ、時間が経つと駐車場も混んで来るため、早めの時間に駐車場を確保して、並ばずにトロリーバスに乗るのがオススメかと思います。

さて、16分トロリーバスを乗った先
画像


に、ついに壮大なアーチ式ドーム型ダムが、目の前に雄大な姿で現れました。壮大!!
画像

中学に修学旅行で一度来ていたのですが、その時はトンネルを掘る大変さや、アクセスに大変ななか作り上げた人々の苦労など全く気にしていなかったのですが、ブラタモリで詳しい内容を観たり、ネットで調べtqりして向かうと、アーチ式のすごさや、ダムの傾斜のつき方など細かい所にもさまざまな工夫をしているにが見えて、感動しました。

経済成長での電気不足解消のために、さまざまな苦労を乗り越えて作られ、そして電気を使わせてもらっている現状を、感謝すべきなにだと改めて実感しました。

ダムは時期にみよりますが、観光放水を実施しており迫力ある放水が観れるのと、光の当たり方次第では綺麗な虹み見る事ができます。
今回は、ダムがメインでその先の高山植物を観たりはしなかったので、ゆっくりとダムを色々な角度から楽しめました。
画像

画像

画像

画像

画像



見終わった後は、早めの時間に今日の宿泊地である

青木荘キャンプ場へ


青木湖はカヌーなど水遊びの人が多いものの、とても綺麗な水質でキャンプ場もたくさんあります。
今回は、湖面側のサイトで、友達から良かったと聞いたこちらへお邪魔しました。
画像

そして、湖へはサイトすぐ目の前からアクセスできて、最高なロケーションです!
画像


青木湖へ来た理由は、水上からしかアクセス出来ない、蛍鑑賞!
詳細はまた書きますが、青木湖キャンプは今まで行った事あるキャンプ場で1番、静寂な場所だと!
皆さんマナーも良く、いい環境で楽しい二泊キャンプが出来そうです。


ナッツ クレア 5.3X キャラバン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック