キャンピングカー シンク水道修理? ウォーターポンプスイッチ クレア5.3

キャンピングカーの、ウォーターポンプが昨年秋くらいから、また調子が悪くなり、最後は出なくなったまま置いてました。レバーのスイッチ部分の故障ぽいので、全体交換かなと重く考えていました。
画像


冬は、スキーなどに行くのがメインで、それほどシンクを使う事が無かったのですが、そろそろキャンプシーズンが近づいているので、修理をする事に。

クレア5.3Xのビルダー、ナッツさんに電話をして修理に行きますと伝えていたのですが、事前に故障個所を確認しますとの事で、メカさんが見に来てくれました。

シンクしたの引出しを取り出して、奥にあるポンプを確認。
画像

その後、一度試してみますと配線を入れ替えると、なんと普通に作動しました!!!

原因は、ポンプは正常で、上部のレバーについたスイッチが故障していました。
そこで、いままでバッテリからスイッチに電源が来て、そこからポンプに流れていた物を、直接ポンプに配線を繋いで終わり。
画像

右の青い線の上にスイッチがありますので、そこに繋がっている2つの線を外して、その外した物同士をつないだら終わり。水色と赤色のコードを繋いだら終わりです。

機能としては
・ポンプは圧を掛ける為の物で、所定の圧になったら止まる。
・レバーは、バルブの開閉を機械的に操作する為だけの物。
要は、レバーに電源がくる必要は全くないので、直接ポンプに電源を繋ぐように最近はしているそうです。
やはり、レバーの経由する部分での故障が多いみたいですね。

使い方の注意で終わった後に、電源を切り、そのあとにレバーを少し開けてポンプ内の圧を抜いて、置いておくと負担が減るとの事でした。

あっという間に直り、交換する物も無くリカバリー出来て良かったです。
序に、バッテリーの事などなども聞けたので、親切な対応に非常に助かりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック