ウォータージャグプチ改造 MERCURY キャンプグッズ 

キャンプグッズネタ

キャンプで水場から遠い時に活躍する、ウォータージャグ。
ただ、使っているのが、折りたたんだりできないタンクタイプの、20Lでかなりかさばる上に、水を入れると重いのなんの。。。見た目も、イマイチだったので、色々と探してみました。

最初に目に付いたのは、アメリカの IGLOOのウォータージャグ。
画像

この色使いが、キャンプ場で映えてとてもいい雰囲気を出してくれる上に、調べてみると保温能力もかなりいいみたいで。ただ、2ガロンのタンクでも、そこそこ大きくて場所を取りそうな所が・・・。。
更に、蛇口の部分は少し使い勝手が悪く、片手では操作しにくいみたいで、皆さん改良しているようで。

そして、何よりも数が少ないようで、そこそこ高い値段がするので、今後の候補という感じで。

ネットで、キャンプグッズを色々と見ていた中で、MECURYのウォータージャグが、気に入って探してみましたが、それは単に自分で作成した物の様でした。

という事で、手ごろな値段で出来る上に、ジャグ部分を折りたたむことが出来るので、次回キャンプに向けて作ってみました。

amazonの箱から出て来たのは、
画像


1.BUNDOK(バンドック) ジャバラ ウォーター ジャグ 7.5L BD-300
2.マーキュリー 小物入れ キャンバスバケツ グレイ M
画像


の、2点。合計で2600円程度で、アマゾンで購入。

まずは、ウォータージャグ
コックの部分は、内側のナット部分を抑えて回すと、直ぐに外れます。
画像

ゴムのパッキンもしっかりしていて、少し生地を挟んでも大丈夫そうな感じ。コック部分は、家にあったスプレーで色付けしました。

続いて、MERCURYのバッグ
こちらは、内側が簡単な防水加工の様になっています。
画像

直接水を入れるのではないので、性能はわかりませんが。
そして、ジャグのコック部分を合わせて目印をつけ、勇気をもってチョキチョキとハサミで穴をあけます。新品のカバンを切るのは、少しもったいない気がしてしまいますが、エイッと。
画像


そして、最後はその穴にコック部分を通して、ジャグ本体に固定するだけで完成。
画像

とても簡単にできる割に、見た目は少しオシャレな感じに出来上がって、キャンプで使うのが楽しみです!!試しに水をいれても、漏れもなく、簡単に出来ました。


BUNDOK(バンドック) ジャバラ ウォーター ジャグ 7.5L BD-300
BUNDOK(バンドック)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BUNDOK(バンドック) ジャバラ ウォーター ジャグ 7.5L BD-300 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック