pivot 3 driveα スロコン カムロード クレア

スロットルコントロール pivot 3 driveα
最後の、コントローラー取り付け位置と、その後の使用感。
画像


最後のハーネスなどの、取付は
http://hiswell2.at.webry.info/201606/article_9.html

スロコンの本体は、ハンドル左下の後ろにあるフレームの部分に、タイラップで固定して出来上がり。
画像

他の、配線などをまとめて、見えない様にして配線は完成。

コントローラーは、通常の運転中はスロットル開度を表示したりと、常に赤い字で表示されたままなので、夜などは少し気になるかと。
色んな方のブログを見ていると、ハンドル付け根の部分に付けてる方が多いのですが、手が短い?!からか、ハンドル後方になると、背もたれにもたれたままだと操作できないので、他の所に付ける事に。

色々と探した結果、左手で簡単に操作できるところに設置しました。
画像

画像

シフトレバーと干渉しない位置にし、かつ後方キャビンに移動するときに足が当たらないような位置へ。
少し出張ってしまうのですが、姿勢を変えずに操作できる便利さを優先しました。

ボタン操作は、直ぐに覚えるので、見なくても操作できるので、通常運転中は表示が見えなくても、問題は無し。
両面テープでつけただけなので、付け替えもできますが、今の所これで落ち着いて使えてます。


使用感は
フラットな高速を走行している時は、スピードを維持してくれて、非常に楽に走行できます。測定はしてませんが、きっと燃費改善しているはず?!

予想外な点としては、2L ガソリンエンジンだからかと思いますが、登り坂に差し掛かって速度が減速してきたとき、設定速度に加速する為にエンジン回転数が上がるのですが、多少回転数を上げただけでは追いつかない為、シフトダウンをするのですが、これが非力故に 2段階シフトダウンしてしまい、急にエンジン音が大きくなってしまいます!!
 ディーゼルなどでトルクがあれば、1段階シフトダウンだけで済むのでしょうが、、。

登り坂に入ったら、スロコンを解除してゆっくりと減速しながら登るか、1段階シフトダウンで済む程度にアクセルを調整しながら走ってます。

従って、気持ち的には少々原点で、100点とはいえませんが、75点位な感じでしょうか?!
でも、あれば便利な一品です。



PIVOT ピボット 3DR 3-drive・REMOTE リモート操作機能付きスロットルコントローラー 車種別専用ハーネス、ブレーキハーネスセット (スロコン)
Car Parts Shop MM
※ご購入の際は必ず対応車種表にて取付可能な車種かご確認ください。(メーカーサイトにて) 出荷予定日:

楽天市場 by PIVOT ピボット 3DR 3-drive・REMOTE リモート操作機能付きスロットルコントローラー 車種別専用ハーネス、ブレーキハーネスセット (スロコン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック