深山キャンプ場 滋賀県 愛知川 清流

週末は、清流 愛知川で川遊び

避暑のつもりが、予想以上に寒く、そして川の水も冷たくて長時間浸かっている事はできませんでしたが。

愛知川は、前述の通り鈴鹿山系の川で琵琶湖に流れています。
とにかく、水が綺麗で様々な川魚等の生物がいて、泳いでも捕まえても楽しい所。
上流は、愛知川(神崎川)は沢登りの名所として、その筋では有名の様ですが、子供がいるので川遊びで!

愛知川へは大阪から、2時間と気軽に日帰りでも行ける距離。
土曜日は2家族、日曜は1家族日帰りで合流して、子供達は楽しく遊んでいました。
画像


深山キャンプ場は、賑やかで多くの車が狭しと止まっている対岸側で、橋を渡って右奥の杉林の中に成ります。
画像


ゆったりと過ごす事が出来ます。
入り口が少し解りにくいのですが、この清流の里看板が、目印になります。
画像


サイトは、ロープで区分けされておりますがざっくりとした感じで、日帰りで人数が多い場合はある程度柔軟に使わせてもらえるので、気分的にもゆったりと過ごせます。
川側ではなく奥の列サイトが木陰もバッチリでゆっくり過ごせるので、気に入ってます。
土曜日朝一で到着したので、まだ誰もいませんでしたが、昼間はさすがに一杯になってました。
画像

画像

画像

特徴は、朝は誰もいないので、予約をしていても勝手に好きな場所を取って店開きをしていたら大丈夫です。しばらくしたら、管理人のおばちゃんが来て、集金!これで完了ですので、普通のキャンプ場と違って、自由な感じで過ごせます。

サイトの前が、浅い所や少し深い所があり、小さい子供も安心して遊べます。
画像

今回は水が少なかったですが、水量があると少し上流から浮き輪などで自然の流れるプール状態で、流されて遊べます。

初夏は、いたるところにオタマジャクシが泳いでて、足の生えて蛙に成る手前の者も居ました。小さなどじょうの子供も居たりで、泳ぐのを忘れて子供達は必死に捕まえてました。最後は、逃がして帰りましたがっ。
画像


また、ここの最大の難所!?は、高さ 5M程度の岩の上から飛び降りるの巻き。
画像

大人も子供も、奇声を上げながら飛び込んでいますが、さすがに高いので、初日子供達も飛び込みましたが、二日目は怖くなって諦めてました。
ある種の、度胸試し!?昨年は、息子は1歳下の女の子が来ていたので、いいところを見せるべく飛び込んでました。小さい居ながらに、カッコをつけたいんですね~。

涼しくて、綺麗な水で遊べるって、贅沢となってしまっているのは寂しい限りですが、夏また遊びに行く事間違い無し。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック