キャンピングカー 入口 踏み台作成 クレア5.3X

久々の、キャンピングカーネタとなりますが

キャンピングカーのベース車は、カムロードでトラックの運転席となります。
座席下にエンジンがある為に、座面が高く、助手席に座った子供達は足がブラブラ。

また、キャビンに外から乗り込むときも、一段目が高い為に、子供達が乗る時に苦労していました。
後付けで、ステップを付けるというてもあったのですが、とりあえずお金を掛けずに快適化。

木材は、三件隣の家が、建て替えをおこなっており、新しい家が木造住宅で職人さんが作っているので、端材が沢山つんであったので、職人さんに許可を貰って沢山頂いた物から、よさげなもので作成~。
従って、今回の製作費は0円で、労力のみという安価な踏み台。

先に、完成図を載せると、
画像

キャビンへの段の高さの半分程度の高さにしました。
これは、助手席の足元に置いて、上の子が足を載せれる高さとも合わせて、決めました。

大きなちょうど良い端材を上板に、一枚で使う事に。
裏返して、長辺の左右に足を支える土台を取り付けます。
画像


そこに沿う形で、足をどこに付けるか、位置合わせを!
また、余っていたコースレッド等を使おうかと思うので、そのままねじを打つと木が割れてしまうので、下穴を忘れずに開けて、作業続行。
画像


画像


足二本をまずくっ付けて、その間に渡し木を付けて、前後左右への力を耐えれる様に補強。
画像

画像


上の写真の出来上がった足組を、ひっくり返して、より地面に近い方に、渡し木が来るようにし
最後は、足を最初に付けた土台に接する部分は接着剤を付けつつ、数個のビスで止めて完成!!
仕上げとして、角をヤスリで面取りをして、子供が触ってもササクレが刺さらない様にして終わり。
画像


綺麗な一枚板だったので、表にはビスが出ない様にし、色も塗装をせずにそのまま使う事にしました。

日頃は、助手席の足元に置いて、使う時に取り出す事にしました。
画像

使用感としては、一段あるだけで子供の上り下りがスムースになり、かつ大人も一段あるだけで靴を脱いだりするのに、とても便利で作って良かった1品。

難点は、丁度小さくサイズの為、友達のコットに上るのや、踏み台として使い易いので、どこかに持って行って遊びに使う事くらいかと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック