取付編 バックカメラ モニター&ドラレコ カムロード クレア

最後に、バックモニター&ドラレコ の取付編

前回までの、本体購入については↓
http://hiswell2.at.webry.info/201603/article_7.html

配線等の購入(取付準備編)については↓
http://hiswell2.at.webry.info/201605/article_4.html

必要な物が全て揃ったので、後は配線を繋いで取付けるのみ。

まず、バックカメラからの映像信号の分岐。
これは、カムロードのフロントのパネルを、助手席側から1枚、オーディオ下のパネルを1枚、最後にオーディオ周りのウッド調のパネルを外します。
外し方は、他の方のブログを参照しながら外しましたが、トラックベースなので非常に簡単に外れて、爪が折れたりする可能性も余りなく、出来ます。

その後、オーディオ 4隅にあるボルトを外してオーディオを引き出します。
後ろには、木の根っこの様に、ウジャウジャと配線が繋がって出てきますが、カメラからの映像信号は、RCAケーブルで入って来ている唯一の物なので、テレビ接続などで見慣れた黄色いプラグ、直ぐに見つける事が出来ます。

そのRCAの接続部分を外して、カメラから来ている配線(メス)側に、購入した分岐配線の1本部分(オス)側をさして、メスの1本はオーディオの元にあった部分に差し込みます。

続いて、分岐のもう一つのメスに、延長RCAケーブルを接続して助手席方向に持って行きます。
そこから、裏からピラー沿いに配線を引いて、助手席上部に持って行ってから、本体の映像端子に接続して終わり。
画像


続いて、電源関連配線
電源は、ヒューズボックスから取りますが、今回は上段左から三番目の
15A - CIG (シガレット)
画像

のヒューズを、シガーソケット配線付きのヒューズに付け替えます。
画像

ヒューズを外すには、ヒューズボックス下段右端の方に、白いプラスチック製のヒューズピンセットが付いているので、それで簡単に取り換える事が出来ました。

ヒューズから取り出した電源シガーソケットに、モニターの電源を差し込んだら完成。

ここからは、付けて見てから気が付いたのですが、
バック信号を入れずに、カメラ映像を入力すると、ドライブレコーダーの画面を確認する操作が出来ないという事が発覚。。。
従って、対応策は設定や、ドライブレコーダーの録画画面を確認する際は、本体上部に差し込んでいる、カメラからの映像配線を抜くと、ドライブレコーダーの正面画像が映し出されるので、その状態で設定や確認が出来ます。

まあ、一度設定してしまえば、ほぼ使う事はないので、バック信号を入れずに常時後方を見れるままで、使用していこうと思います!!

Micro SD cardを差し込んで、説明書を見ながら画質などを設定したら、全ての設定が完了。

モニターの画面も、iphone 4s程度の大きさですが、カメラが広角な事もありとても広い範囲が見渡せて、後方の様子が丸わかりで安心して走る事が出来そうです。
画像

ルームミラー部分は、キャビンの中が一応見えますが少し暗めなので、後方電気をしっかりと付けてないと、あまりキャビンの様子は見えないですが、その他の機能に大満足しているので、問題なし!

これで、事故の際も安心ですが、やはりドラレコ映像を使う様な事が起こらない事が一番です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック