道の駅 あまるべ 車中泊 キャンピングカー 兵庫県

道の駅 巡りになってしまった、兵庫県日本海方面旅行。

浜坂で、ホタルイカ祭りのあと、漁港の荒波でご飯を食べてから、寝床への移動。
日本のマチュピチュこと、竹田城は天気が悪くて、登るのが大変そうなので、翌日は城崎マリンワールドへ行くことに。
本来は、養父まで戻る予定だったのですが、目的地が変わったので近場の道の駅で泊まることに変更。
キャンピングカーだと、宿の様に予約しているからいかないと、というのが無くて柔軟に対応できるからいいですね!

浜坂から、あまるべへは、車で20分程度で着くことができますが。
画像

画像

到着したのは、21時頃だったのですが、すでに数台の車中泊する車が停まっていたけれど、場所柄と店がすでに閉まっていたので、とても静かな道の駅です!
ここも、最近できた所で非常に綺麗ですが、それほど観光客が押しかける場所でもないので、乗用車は10台程度、大型バス2台という規模で、相応の小ぶりな規模で、いいですね。

余部鉄橋といえば、ご存知の方も多いかと思いますが、2010年まで使用されていた、赤いて鉄橋があったところです。約100年近く使用された、鋼製トレッスル橋で、約300mあり日本海の海をバックに、谷間にかかる立派な橋脚がありました。
余部鉄橋については、1986年のお座敷列車 みやびが、突風に煽られて転落し、下にあった加工工場の方や住民の方が数名亡くなられた事故は、小学生ではあったものの、電車好きでこの列車の写真を撮った事もあったので、とても衝撃的で、ニュースで見た絵を鮮明に覚えています。
様々な、苦労や紆余曲折があったことを、最近ウィキペディアで見て知りましたが、今もその橋脚の脚部部の一部が保存されているので、行かれた際に見ることができます。
画像

画像

今は、新しくかけられたコンクリート製のがっしりとした橋脚となっていまい、少し残念な気持ちがあるものの、安全には代えがたいのかなと、思います。

近くに、鉄道関連専門店もできていたら、道の駅横を登ると、あまるべ駅に行けるのと展望施設があり絶景が観れるので近くを通った際は、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか?

今回は、豪雨で登るのは断念してしまいましたがっ。

ただ、この辺りの海岸線にはバイパス道路が建築、ならびに一部が開通しているために、だんだんと海岸線を優雅に景色を楽しみながら走ることが少なくなってくのは、寂しく思います。
時間はかかりますが、のんびり景色を楽しむドライブが好きなので、上手くバイパスとローカル道路を使い方たいですね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック