バックカメラ モニター&ドラレコ カムロード クレア

キャンピングカー走行中も、後ろの様子を見たい!!

クレア5.3xは、キャビン後方の高い位置にベッドがある為、窓の位置も高い所にあります。
従って、走行中にルームミラーを見ても、キャビンの中が見えるだけで、後方の様子が全くみえないので、ゆっくり走って他人様に迷惑を掛けていないか気になって仕方がない日々でした。

バックカメラは装着されている物の、バッグギアに入れた時のみ、カーナビに映し出される仕組みになっていました。

配線を考えるにあたって、購入する物が変わって来るので、下記の2点を調べました。
メーカーに聞いてもはっきり解らなかったので、いつもブログを拝見させてもらっている方に、メールで問い合わせて教えて貰い
1.バックカメラに常時電源来ているか → 常時、電源は来ている
2.カメラ映像信号は常時カーナビに来てるか → 恐らく来ている
との事でした。

昔のバックカメラは、常時電源が入っていると熱を持って壊れる・・などという事があったそうですが、最近の物は常時作動していても壊れる事はないそうです。

カメラは、常時電源がいっており、映像信号も常時カーナビに入っているならば、後は簡単。特に後方から、カメラ信号配線を這わす必要はなく、単にカーナビ後方に入っている信号を分岐して、違うモニターに出力させれば終わりに成ります。
少し、映像は荒くなるかもしれませんが、大きなモニターにしなければ、後方様子を確認するには全く問題がないはず。

後は、モニターをどんな形にするのか?!
カムロードは、オーディオ上に平らな物置スペースがあるので、そこに大きなモニターを置くのもありかとは思いましたが、大きいとモニターが気になりすぎるのも良くないかと。。
そこで、ルームミラーにはめるだけで装着できる物にする事に!
元々、ルームミラーは後ろのキャビンが少し見えるだけなので、使えなくなったも大して影響なし。

色々、検索していって、値段的にも頃合いで、更にドライブレコーダーも付いている物を発見!モニターも4.3inchでスマホ位の画面なので、適度な大きさ。
画像


本体、裏側にドラレコレンズが付いているので、見た目ではドライブレコーダーというのも解らず、すっきりしたデザインでスマートな所が、決めてとなりました。
取付については、次回に!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック