クレア 5.3 サブバッテリー 電圧計 快適化

キャンピングカーを使い始めて、一番気になるのが、サブバッテリーの電圧!

クレア5.3Xは、電灯がLEDなので消費電力は少ないものの、やはり冬期はべバストFFヒーターをずっと使用したり、電気が長く使ってりと、色々とバッテリーには負担を掛けている日々。
一応、サブバッテリーは2つ積んでいて、通常使いならば1泊だろうが全然安心容量なのですが、やはり残容量がきになります。
また、たまにあるのが、お出かけが終わった後に、自宅で駐車する際にキャビンから降りた家族がサブバッテリーのメインスイッチを切るのを忘れて、数日たってしまう事・・・。電機や、冷蔵庫がそのまま稼働となり、サブバッテリーを虫食むのを経験しています。
特にブザーがあるのではなく、キャビンのメインスイッチ横に、ボルトメーターがあるだけなので、運転席から見える化をして消し忘れ防止をしたいと、思っていました。
出来れば、サブバッテリーのメインスイッチの配線にボルトメーター(電圧計)を割り込ませて、配線を運転席近辺まで引いてくることを考えていました。
サブバッテリーのメインスイッチ配線に割り込ませる理由は、メインスイッチを入れている時は電圧を表示し、メインスイッチを切った際には電圧計に流れる電流もカットされる為、表示されないので運転席でもその表示を見ればサブバッテリーの切り忘れを見分ける事が出来る様にしたい!
画像


色々とネットで探していましたが、電源をシガーソケットではなく、配線のみで取るタイプでいいのが無かったりと、踏み切れずにいましたが、たまたま昨日オートバックスに行った際に、特割に成っていたNAPOLEXの電圧計を発見して、ネットよりもわずかに安かったので即購入!
NAPOLEX Fizz-880 ボルテージメータークロック
画像


温度計付の物と、2通りあったのですが、シンプルに電波時計と電圧計のみの物を購入しました。
時計部分は、ボタン電池で作動する為に、電源に関わらず使用できて、便利です。
また、NAPOLEXは、バックライトも主電源の有無により点灯消滅する為に、電圧の値だけでなくバックライト点灯有無でも、バッテリーからの電源の供給有無が判断できるので、最適化と思います。

クレアの電源アウトプットは、助手席後方、キャビン部分の入り口靴箱後部に、シガーソケットタイプのアウトプットが2つ付いているため、今回は手抜きとして1つを使う事にしました。商品のシガーソケット内には1Aのヒューズが付属しているため、他の配線に加工して割り込ませる際には、1Aのヒューズ配線を追加すれば使用可能かと思います。

テレビ後方なので、余り目立たずに配線が出来ればと考えて、最短経路であり、内貼りを外して配線を通すのと、配線が通る部分のみ少し穴をあければいい、助手席後方空きスペースである、下の画像の上位置に配置する事にしました。
画像


設置作業については、次回に!!

■ PS
今日あった、ショッキングな出来事。
キャンピングカー クレアの、エンジンオイル&フィルター交換の為に、オートバックスに行ってきました。近所のいつも行っている店についたものの、作業場を見た瞬間、、、、2.91m高さがあるクレアは、入らなさそう・・。
確認して貰った結果、高さが引っかかり作業が出来ないとの事で、近所のオートバックス他店電話番号を教えてもらって確認したものの、スーパーオートバックス含めて数件電話したものの、2.91mの高さは入らないので作業出来ないとの事。。。。

可愛いやつなのですが、やや頭でっかちなのが、たまに傷という所でしょうか。。。
また、後日トヨペットにお願いしに行く事にしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック